FX会社の比較の仕方と選び方って

FXでの手数料があるから

FX で利益を出すことを考えると、一番重要なのは値動きを当てることなのは言うまでもありません。しかし、手数料を最小限に抑えることが重要であることは、意外と知られていません。 ところで、現在営業している業者のホームページを見ると、ほとんど全てが『手数料無料』を謳っています。無料なのだとすると、いちいち気にしてトレードする必要はないはずです。しかし、実は見えないところで、手数料をしっかりと徴収されているのです。 現在、ほとんどの FX 業者が『2way プライス』と呼ばれる方法で価格を提示しています。2way プライスとは、顧客が買う価格と売る価格に差がある提示方法のことです。例えば、ドル円で 100.0/100.1 という提示があれば、顧客は 100.1 で買えるし、100.0 で売れるという意味です。100.1 で買って 100.0 で売るということは、顧客にとっては不利な取引です。顧客にとって不利ということは、FX 業者にとっては有利ということです。つまり、業者は無料を謳っていますが、スプレッドと呼ばれる形で相当額を徴収しているのです。 では、FX 業者を選ぶ際に気をつけるポイントを解説します。最近の業者はどこも無料を謳っているので、単に比較しても意味がありません。相当額であるスプレッドの幅で比較するといいでしょう。スプレッドが狭い業者ほど、有利に取引できるからです。 次に、トレードにおける注意点を解説します。スプレッドは全ての売買に関わってきますから、できるだけトレードの回数を減らした方が有利だといえます。スキャルピングのような極端な短期トレードは、よほどエッジがない限り難しいでしょう。また、同じ業者でも時間帯によってスプレッドの幅が異なることがあります。ニューヨーク時間から東京時間に移る早朝や、重要な経済指標が発表される前後の時間帯は、板が薄くなり、スプレッドが開くとこがよくあります。このような状況で無理にトレードすることは圧倒的に不利ですから、避けるようにしましょう。 また、成行注文ではなく指値注文を積極的に利用することで、スプレッドからの手数料相当額を抑えることも可能です。

このページのトップへ