FX会社の比較の仕方と選び方って

会社選びに失敗すると

[ 2014-09-30 ]

FXを始める前に、会社選びは慎重に行う必要があります。どこを選んでも同じ、ということはありません。選び方を失敗すると、大事なお金を失ってしまう可能性があるのです。まず、預け入れたお金をきちんと保全してくれる事業者を選びましょう。完全信託保証の制度を設けているところなら安全です。この制度がないと、万一事業者が倒産してしまった場合、預け入れたお金が戻ってこなくなる可能性が高いのです。銀行預金の場合は、ペイオフにより1,000万円までの預金は保護されますが、FXの場合はペイオフのような制度がないので、資金を守るのは全て自己責任によることになります。事業者のホームページやパンフレットで、完全信託保証があるかどうか調べましょう。次に、損失を出した場合に資金がカットされるロスカット率の低い業者を選ぶようにしましょう。ロスカット率が低ければ、為替相場が暴落しても、相場が回復するまである程度持ちこたえることができます。大切な資金を守るために、この2点に注意しましょう。

このページのトップへ